大野北剣道スポーツ少年団ーロゴ.png
名称未設定のデザイン-2021-11-08T162814.656.png

 \4,5,6歳(未就園児)は月謝0円!/ 

大野北剣道スポーツ少年団とは

大野北剣道スポーツ少年団は、幼児から小中学生を対象にした子供向け剣道教室です。剣道の基礎指導はもちろんの事、挨拶などの礼儀作法や集団行動の大切さなど、子供が将来自立に向けて育むべき力を、剣道を通じて身に着けていきます。子供達は「褒めて伸ばす」の指導方針の元、仲間や家族の大切さや、元気に体を動かす事の楽しさすばらしさを経験し、強くたくましく成長していきます。

 \4,5,6歳(未就園児)は月謝0円!/ 

大野北剣道スポーツ少年団とは

大野北剣道スポーツ少年団は、幼児から小中学生を対象にした子供向け剣道教室です。剣道の基礎指導はもちろんの事、挨拶などの礼儀作法や集団行動の大切さなど、子供が将来自立に向けて育むべき力を、剣道を通じて身に着けていきます。子供達は「褒めて伸ばす」の指導方針の元、仲間や家族の大切さや、元気に体を動かす事の楽しさすばらしさを経験し、強くたくましく成長していきます。

無料体験申込み

無料体験申込み

お子様の年齢を
お選びください

bg_ball.png

POINTS

剣道教室の特徴

img_character_2-1.png
<mark>子どもは<br>子どもの中で育つ</mark>
子どもは
子どもの中で育つ
難易度3.5
Read More
稽古には、年中~大人まで様々な年齢層の会員が参加しています。学年が上の子は下の子をいたわり、守る。小さな子は大きな子に感謝し、憧れる。子ども達の成長やレベルに合わせて様々な立場からの集団行動や社会性を学びます。
<mark>怒鳴りません、諭します。<br>けなしません、褒めます。</mark>
怒鳴りません、諭します。
けなしません、褒めます。
難易度3.5
Read More
「叱る」と「怒る」は違います。怒鳴るという行為は、子ども達を委縮させ、恐怖で制圧するという指導です。私たちは決してそのような指導は行いません。できたこと、頑張ったことを褒めることで、子ども達は自主的に成長し、伸びていきます。
<mark>年齢、体格、体力に<br>合わせたカリキュラム</mark>
年齢、体格、体力に
合わせたカリキュラム
難易度3.5
Read More
子ども達一人ひとりの性格や個性を尊重し、レベルに合わせた指導を行います。指導者から与えられた丁度よい壁だからこそ、子ども達は頑張って壁を乗り越える事に、達成感や楽しさを見出します。
<mark>将来の自立につながる<br>「礼節」を重視した指導</mark>
将来の自立につながる
「礼節」を重視した指導
難易度3.5
Read More
技術の向上はもちろん、元気よく挨拶をする、話しを聞く姿勢など集団におけるルールやマナーが身に着くように、剣道の特性を通じて礼節を尊ぶ指導を行っております。
Previous
Next
bg_ball.png

POINTS

団員の声

img_character_3.png

Sくん

4歳

Mくん

5歳

Yちゃん

6歳

Mくん

7歳

Zくん

8歳

Hくん

9歳

Yくん

10歳

Kくん

11歳

Hさん

中学生

Sくん

4歳

Hさん

7歳

Yくん

10歳

Mくん

5歳

Zくん

8歳

Kくん

11歳

Yさん

6歳

Hくん

9歳

Hさん

中学生

CONTACT

お問い合わせ

img_character_2-e1636356721607.png

ご質問・ご相談など
お気軽にご連絡下さい

Contact Form

お問い合わせフォーム



このお問合せフォームからご入力・送信いただきましたお客様の個人情報(氏名、メールアドレス、電話番号など)は、大野北剣道スポーツ少年団が管理の上、ご連絡・ご案内の為に利用させていただきます。

©Onokita Kendo. All Rights Reserved.

池田 しおん

Sくん

すぐに泣いて落ち着きがなかったため、剣道を通して芯のある子に育って欲しく通わせました。初めは稽古を嫌がり泣いたり甘えたりしていましたが今では自分から進んで稽古に行くようになりました。これからもお兄ちゃん達のように礼儀正しく心身ともに強くなっていってもらいたいと思っています。

鳥丸 みきや

Mくん

同じ幼稚園のお友達が沢山在籍しているので、お友達に会えるからと稽古を楽しみにしています。 礼儀や自主性を身につけて欲しいです。

松野 ゆき

Yさん

礼儀正しく、大きな声でしっかり挨拶ができるようにと思って習い始めました。 人見知りなので始めはあまり挨拶ができませんでしたが、今では自分から挨拶できるようになりました。同年代の子達と仲良く楽しく練習も頑張っています。」

S__52125698

Hさん

幼稚園から小学生になるにあたって、ガラリと変わる環境にも対応していけるよう、心身共に強くなり、友達もたくさんできるスポーツをさせたいと考えていたところ、老若男女問わず一緒に汗を流す剣道に出会いました。防具をつけて練習している今、高齢の先生を始め、中学生の子達まで様々な年齢の方に教えてもらいながら日々頑張っています。

LINE_ALBUM_大野北写真_211104_3.jpg

Zくん

「礼儀正しく、忍耐力がつくように習わせようと思いました。 幅広い年齢層の人達と接する事で色々なことを学び日々の稽古に励んでいます。」

LINE_ALBUM_大野北写真_211117_72

Hくん

剣道を始めたきっかけは、何かスポーツを通して有り余ってる力を発散させたかったし、礼義やマナーを身につけて欲しかったから。

LINE_ALBUM_大野北写真_211117_29

Yくん

体を動かすことが大好きで小さい頃から体操教室などへ行っていました。そんな時、「るろうに剣心」を観て夢中で剣を振りだしました。それで、体験へ行ったところ目をキラキラさせ、剣道へ夢中になりました。 剣道の個人の力、みんなで一本の重さを感じながら大切に繋いでいく団体の力を分かるようになってきて、心の成長も感じるようになりました。 面をつけ試合などをするなかで、こども見たこともない一面を見れることもあり、親としても楽しめています。

LINE_ALBUM_大野北写真_211117_43

Kくん

人前に出て行動することを恥ずかしがり、なかなか声も出せなかったのですが、稽古に通い始めるねにつれて、「声を出さない方が恥ずかしい」と思うようになったそうです。 道ですれ違う地域の方々や、登校時、毎朝の正門での挨拶も、相手よりも自分が先にしているのだと報告がありました。剣道を通じての成長を感じ、とても嬉しく思いました。

LINE_ALBUM_大野北写真_211104_1.jpg

Hさん

ダンスなどが好きでしたが、特に興味を示すものがありませんでした。 弟の体験の際に一緒にしてみました。「楽しい!」「私も剣道したい!」と初めて娘の口から何かをしたいと言う言葉を聞きました。とても嬉しかったです。 素振り組さんがとても楽しかったようで、4年生から始めましたが、同学年のお友だちに早く追い付きたいと、不器用ながら、コツコツと一生懸命努力しています。こどもの何かに取り組む姿が個々違うことを見せつけてくれたのも剣道のお陰です。 娘は剣道を通じて学校外にもお友だちができることが嬉しいようです。